ミニマリストな転勤妻

もっともっとシンプルに

【断捨離】一日一捨てを続けて2ヶ月の私と暮らしに現れた3つの変化。

      2018/02/15

去年の12月から一日一捨てをしています。


この二ヶ月で70個近く手放してきた私。

そんな私と暮らしに出てきた3つの変化をご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

断捨離センサーが強度を増した

そもそも日々断捨離は心がけていましたが、実は知らぬ間に見て見ぬふりをしたいたことに気が付きました。

捨てなきゃいけないんだけど、面倒だなぁとか。

ここにもあるように衝撃的に汚れていた加湿器だったり。

見て見ぬふりしていたんです。

このツイートにもあるシューズケアセットもそう。

旦那はこれとは別のモノを使っていたのを知っていて、多分もう使わないんだろうなと思ってはいたけど、旦那に確認することもせずいました。

これも見て見ぬふり。

捨て方を確認したり、捨てていいのか確認したりとちょっとだけ手間のかかるモノは見て見ぬふりしていたのです。

一日一捨てを始めたのをきっかけに、不要なモノは徹底的に手放そうと決めたので見て見ぬふりをやめて、断捨離センサーの強度を実現しました。

家の収納に余力が出来てきた

たかだか70個捨てただけですが、少しずつ家の収納に余力が出てきました。

(ここは以前はパンパンでもう何も入らない状態だったけど、すっからかんになってきました)

この空いたスペースを保つという手段もあるし、何か必要なモノが出てきてもこのスペースが出来たことによって気軽に手に入れることができるようになったのです。

この少しずつでも目に見える変化が、なにか継続して物事を進めるモチベーションになります。

70個捨てたらこれだけ余裕が出来てきた。

じゃあもっと捨てたらどうなるんだろう!!このワクワクがやる気にも繋がります。

気持ちが軽くなった

これは個人的な感想になってしまうのですが、本当に気持ちが軽くなりました。

不要なモノを目にする瞬間が減ったこと(以前は見て見ぬふりしていましたから)、家の中のモノが必要なモノだけになってきていることがそうさせているように思います。

不要になったものを捨てた時の爽快感もたまりません(笑)

だから前よりもイライラすることも減りました。

憧れのお気に入りのモノだけに囲まれた生活も、もう夢じゃなくたって来たなと思えてきました。

おわりに

一日一捨ての断捨離を2か月続けてきて、私と暮らしに現れた3つの変化についてご紹介しました。

不要なモノを手放すということは、家の中も身軽に、そして人さえも心軽くしてくれるんだなぁと実感しています。

今年の目標である一日一捨て365個を手放すことを達成できるように、これからも断捨離に精進して参る所存です(笑)



◆毎日をより快適に暮らすために、みんなで断捨離しましょう!!(にほんブログ村)
素敵な大人のシンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

整理整頓・お片づけ♪

家づくりを楽しもう!

服の断捨離 ・ 整理収納

ランキングに参加しています!更新の励みになりますので応援のクリックお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

◆エキサイトさんが運営する、ブログメディア『もの、ごと』。リアルに役立つ暮らしのノウハウがたくさん!!毎日の暮らしに役立つヒントが見つかりますよ!

管理人、エミについての情報はこちら。

スポンサードリンク

 - 断捨離