ミニマリストな転勤妻

もっともっとシンプルに

【断捨離】『いつか』はやっぱりやってこない。二年間手放せなかったモノを断捨離しました。

   

シンプルでらくちんな毎日を目指し、断捨離を始めて早2年。

断捨離をしてきてわかっていたことなんだけど、改めて認識させられたこと。

私のモノに対する定義:『いつか』なんてやってこない。

今回は、『いつか』と思って取っておいたモノの出番は、結局やってこないというお話についてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

いつかなんてやってこない

そうなんです、断捨離をしていて何度も何度も思ったし、実感している

『いつか』なんてやってこない問題。

今回手放したのはこちら!!

ガウチョパンツです。

ちょうど二年前ワイドパンツとともにガウチョパンツも流行っていてお気に入りでした。

当時は次男がまだお腹の中にいたので、産後体型が戻ったらいつかまた着ようと思って手放さずにとっておいたんです。

(ちなみに、当時スーモさんに取材して頂いた際、このガウチョパンツもコーデの一つとして履いていました。)

けど今はガウチョパンツではなく丈の長いワイドパンツがはやりですよね。

それにまだ二年前当時の体型に戻れていないので、履いてみると違和感が。。。(デーブってことね)

そうなるとどんどん着る気がなくなっていく。。。

洋服は流行りもあるし、30代でお年頃な私は体型の著しい変化もあり得る。(妊娠してなくても、ストレスでお菓子たくさん食べたらすーぐデーブーになりますよ30超えると。。。私はね!)

だから、『いつか』なんてやってこないんです。

『いつか』ではなくて、『期限』を決める

いつか着るだろう、いつか使うだろうと思ってとっておいても、結局使わないほうが圧倒的に多いです。

洋服だったら流行り廃りもあるし、ボーダーのTシャツとかジーパンとか超超ベーシックなアイテム以外は

1年が限度なように思います。

もちろん、モノによっては期限は異なっていていいんです。

私の場合、第三子を希望しているのでまだ着られる肌着や洋服は第三子が産まれるか諦めるまでは取っておくつもりです。

それは一年後ではないと思うし、5年後かもしれないし、10年後かもしれない。

人によって、モノによってそれぞれだと思うけど、『いつか』と思ってモノをとっておくのではなくて、

仮でもいいから『期限』を決めてあげる。

それが、自分のためにもモノのためにもなります。

そうすることで不要なモノを持たなくて済むし、無駄なスペースを使わずに済むようになります。

おわりに

『いつか』使うかもしれないと手放すのに悩んでいるモノは、

きちんと『保管期限』を設けてあげるのが、自分のためにもモノのためにも、毎日を楽にするためにもオススメですよというお話でした。

モノで溢れたらやっぱり掃除も大変だし、管理も大変です。

そうなると、無駄なお金を使うことも増えて悪循環に。。。

自分が管理できるまでにモノを減らすのは、必ず節約につながりますよ!!(私の体験談ですので保証します!!)

参考になれば幸いです(*^_^*)

◆雨でスッキリしないこんな日は、断捨離をしてスッキリしちゃいましょ♪やる気をくれるとテーマはこちら(にほんブログ村)
掃除&片付け

すっきり暮らす

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離でゆとり生活

目指せ!汚部屋脱出

ランキングに参加しています!更新の励みになりますので応援のクリックお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

◆エキサイトさんが運営する、ブログメディア『もの、ごと』。リアルに役立つ暮らしのノウハウがたくさん!!毎日の暮らしに役立つヒントが見つかりますよ!

管理人、エミについての情報はこちら。


 

スポンサードリンク

 - 断捨離