➡2022年下半期に買ってよかった高コスパアイテム10選

【ミニマリスト主婦の持ち物】ズボラ主婦の電気圧力鍋の使い方

料理苦手の私にとって、今や必要不可欠となったのが電気圧力鍋。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AB419E2E-2E5D-4516-9357-19B6F129A287-1024x768.jpeg

先日、お問い合わせをいただきまして。

えみさんのブログを参考にさせて頂いて電気圧力鍋を買ってみたのですが、いまいち使いこなせていないような気がしていて、えみさんはどのように使っているのか聞いてみたくてメッセージ送ってみました!
いつか記事にして頂けたら嬉しいです!おすすめレシピとか、電気圧力鍋で料理を作るタイミングとか知りたいです!

(お問い合わせより抜粋。ご質問ありがとうございます!)

というわけで、私のようにズボラでめんどくさがり、何なら料理も苦手な方は絶対一台は持っておきたい電気圧力鍋の使い方について熱く語らせて頂こうと思います!

目次

ほぼ毎日フル活躍の電気圧力鍋

私の場合、

  • 料理が得意ではない
  • 食事を作るのにゆとりある時間を確保できない
  • お惣菜をなるべく買わないようにしたい(節約のため)

という思いが根底にあるので、電気圧力鍋はほぼ毎日フル活躍してもらっています。

村田のアイコン画像村田

コロナ禍だと子供連れて気軽に惣菜を買いに行ける状況でもないので、
手間暇かけずに美味しい一品を作ってくれる電気圧力鍋はなくてはならないのです。

ズボラ主婦が電気圧力鍋で作る主なメニュー

電気圧力鍋で作るのは、みそ汁・カレー・シチュー・肉&魚の煮込みがメインです。

村田のアイコン画像村田

実は意外とメニューは豊富なので、飽きることなく毎日使っています

もともと付属していたレシピ集を主に参考にして作っていますが、
クックパッド等でも『電気圧力鍋 レシピ』とやると結構ヒットします。

村田のアイコン画像村田

食材の量と調味料だけ参考にさせてもらって、時間は電気圧力鍋が勝手にやってくれるのでボタンを押すだけ。

シチュー・スープ系ならシチューのボタンをピっと押すだけだし、
肉の煮込みなら肉のボタンを、魚なら魚のボタンを押せばいいだけ!(私はそうしてしまっていますが自己責任でお願いします。)

豚丼の元

豚肉のブロックを買ってきて、それらを子供が食べられる大きさに切ってから、
玉ねぎやネギと一緒に煮込んでいます。

私は基本残り物でランチをするので、スープジャーに入れておいて一人ランチします。

カレー

カレーも週に一回は作ります。

人参玉ねぎじゃがいもと肉をぶち込んで、シチューボタンを押すだけ!
最後にカレーのルーを入れればいいので私の作業量はほぼないです。

ぶり大根

次男がぶりが大好きでよくやるのがぶり大根。

村田のアイコン画像村田

大根も好物なので、作ると大喜びしてくれます♡

これなんて、ぶり大根用のぶりを買ってきて投入、大根と調味料をいれるだけ!

チャーシュー

なかなかラーメン屋さんに行けない昨今なので、チャーシューだけでも贅沢にと思い手作りするようになりました。
(こればっかりはコスパはいいのかは謎。)

みそ汁

にんじん、大根、玉ねぎ等々家にある野菜たちをぶち込んで、お出しとお水を入れるだけ。

後は放置でOK!野菜の出汁もしっかり出ている美味しいお味噌汁が完成です!

作るタイミングは朝に野菜を切って、お迎え後にスイッチオン!

私の場合、朝に夕飯の下準備をします。

ご飯を炊いたり、野菜をカットしておいたりするのは朝。

その後、14時半前に次男の幼稚園お迎えから帰宅後に電気圧力鍋のスイッチオンをして加圧スタートします。
そうすれば、夕方習い事から帰ってきたときには無事一品が出来ている状態に!!

基本的にまとまった時間は取れないので、スキマ時間にちょいちょい用意しています。

電気圧力鍋はズボラ主婦の強力な味方

電気圧力鍋こそ、一家に一台はあった方がいいなと思います。

時短だし、手間も最小限で済むし、なのに美味しい一品が出来ちゃうのっでメリットだらけ。
持っていて全く損はないです!

村田のアイコン画像村田

火加減チェックしたりと、火事の心配もそうそうないですからね!

まだお持ちでない方は、ぜひ!暮らしが変わる逸品ですよ!

\当ブログのテーマはSWELLを利用しています/

\ミニマリストの愛用品はこちら/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転勤族の夫と、やんちゃな二歳差兄弟の子を持つ転勤妻です。
東京への転勤を機に、2016年3月にミニマリストになろうと一大決心!!

モノを減らしたら暮らしがものすごく楽になったので、
ズボラでも簡単にできるミニマルライフをブログで発信しています。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる