ミニマリストな転勤妻

ズボラな専業主婦がたどり着いたミニマルでマキシマムな暮らし。

【ミニマリスト】最大公約数を暮らしに組み込むと、毎日が一気に楽になる。

      2019/07/15

この3年、モノを手放したり、手に入れたりを繰り返してきて、

常に、今が一番シンプルだし、楽ちんだと思えるようになりました。

一応ミニマリストだと自分でも豪語し、ミニマルライフを推奨していますが、私の思うミニマルライフは、

ミニマムとマキシマムの最大公約数を組み込んだ暮らし。

不要なモノは可能な限り手放して、必要なモノは可能な限り手に入れる。

私の暮らしが楽になったキーワードは最大公約数です。

【スポンサードリンク】

 私のミニマルライフ

とにかく不要なモノはバンバン捨てて、本当に必要最低限のモノに囲まれてガラーンとした部屋で暮らすミニマムな暮らしが理想でした。

どう見ても掃除しやすそうだし、片付けも楽だろうし、ハウスキープする手間が最小限だと思うし。

けど、私の場合それは目指せなかった。

ズボラでめんどくさがりゆえに、モノの力に頼った方がラクなこともあるし、

基本ワンオペ育児なので夫に頼れない分、モノに力を借りたりとモノには頼ざる負えないのが今の私の現状。

なら不要なモノは徹底的に手放して、必要だと思うもモノは残すし、なんなら積極的に手に入れていく。

ミニマムとマキシマムの美味しいとこどりをした最大公約数を組み込んだ暮らしが、私なりのミニマルな暮らしです。

自分の最大公約数がわかると暮らしが一気に楽になる

自分が管理できるモノの量と、本当に必要なモノの最大公約数を組み込んでいるのが今の私の暮らしです。

だからモノを管理するのに負担感はないし、モノが足りないと思うこともない。

その自分の最大公約数がわかると暮らしが一気に楽になります。

これ以上のモノは管理できないから、もう少し不要なモノがないか探してみよう。

今何かを買うと管理するのに少し負担感あるから覚悟をしておこう。(意識的にモノを手放していこう)

と簡単に対策ができるので、本当に楽なんです。

自分の最大公約数を知るのにはまずはモノを手放していくしかありません。

その最大公約数の見出し方は長くなりそうなので次回以降の記事でご紹介したいと思います。

最大公約数はモノだけじゃなくてコトにも使えます

最大公約数はモノだけじゃなくて、コト(主に家事)にも使えます。

必要な家事とやらなくてもいい(省いたり簡素化できる)家事とのお互いの最大公約数を取り込めば、楽家事が手に入ります。

例えば選択は必ず毎日やる(必要な家事)けど、

洗濯物を畳むのはしなくて済むようにしたり。

(毎日畳まなくていいことにしたり、ハンガーで物干し竿に干したまま、クローゼットに引っ掛けるだけにするとか)

やらなきゃいけないコトとやらなくてもいいコトの最大公約数を知るだけで、簡単に家事も簡素化できます。

 

おわりに

不要なモノはとにかく手放して、必要なモノはどんどん手に入れる。

しなくていいコトはしない、やりたいコトはたくさん時間をかける。

自分の最大公約数がわかるとそんな暮らしが手に入るんです。

もちろん全ての始まりには不要なモノを手放すってことがあるし、一番大変なのはモノを手放す事になると思います。

けどそれ以外は私が3年かけて見出だした、毎日を楽にする方法を真似してもらえれば、

私のようにどんなにズボラでめんどくさがりだろうと、気軽に身軽になれるのがミニマルライフです。

だからゴリ押ししたい!!

今月はガンガン、私なりのミニマルライフをゴリ押ししていきたいと思いますので、宜しくお願いします!!

◆モノを手放す前に読んでおくとやる気みなぎるテーマはこちら(にほんブログ村)
少ないモノで暮らす

素敵な大人のシンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

整理整頓・お片づけ

家づくりを楽しもう!

ランキングに参加しています!更新の励みになりますので応援のクリックお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

管理人、エミについての情報はこちら。

スポンサードリンク

 - ミニマリスト