➡冬服買うなら!服好きミニマリストがおすすめるこの冬買うべき5アイテム(2022)

【節約】自炊のハードルを下げる三種の神器

家事の中でも苦手ナンバー1なのが、料理の私。

エミのアイコン画像エミ

嫌いじゃないけれど、苦手なのです。<br>だからこそ昔の自分は子供が小さいのを言い訳にお惣菜や外食に頼っていました・・・

たしかに子供が小さいうちは手がかかるし、気力体力共に毎日0に近い状態だから仕方がないかなとも思います。

ただ、苦手なりにいくつかコツを掴んでしまえば意外と自炊のハードルって下げられます。
一番簡単な方法は便利家電の力を借りること。

目次

自炊のハードルを下げる三種の神器

自炊力を高めたくて試行錯誤してきた私ですが、その私が自炊のハードルを下げる三種の神器として挙げるのが、

  1. 炊飯器
  2. 電子レンジ
  3. オーブントースター

のこの3つです。

この3セットを既にお持ちの方はもう今から自炊力アップできます!!

炊飯器

米を研いで炊く!

エミのアイコン画像エミ

ただそれだけでもしようとしなかった自分の私。。。
殴ってやりたい。。。

米を炊く!それだけは日々(毎日とは言わないけどね)忘れちゃいかんのです!(笑)
だってそれだけでかなり節約になるから。

私は米を買ってきたらすぐに袋分けをしています。

こうすることで、日々の米の計量を省くことができます。

袋分けする際は子供も巻き込むのも手だし、時間にゆとりがあるときにまとめてやってしまえばいいので
効率はUPします。

エミのアイコン画像エミ

もち麦を入れれば食物繊維をより取ることができるのでおすすめ!


私はお買い物マラソンの際に定期的にリピ買いしています。

ご飯は少し多めに炊いておいて、冷凍ご飯にもしておきます。
いざという時(災害時はもちろんバタバタで忙しい時にも!)にとても役に立ってくれるので。

関連記事▶【防災バッグの中身】子育て中ミニマリストの防災準備。

電子レンジ

電子レンジもまた、私の自炊力キープには欠かせない存在になっています。

まず電子レンジの威力を教えてくれたのは、山本ゆりさんです。

エミのアイコン画像エミ

全巻は制覇出来ていないけれど、私の献立に困ったときの頼みの綱として家に何冊か常備しています。

このレシピみたいに材料を耐熱に容器に入れたらチンして出来上がり!!
最高でしょ?

そんな感じで検索すると、結構電子レンジ調理ってあるんです。
(考案してくださっていると料理家の方々、ほんとうにありがとうございます!)

おかげで私の自炊するハードルは一気に下がりました。

オーブントースター

電子レンジが使えるならば、オーブントースターもしかり。
オーブントースターの威力はどちらかというと最近再認識しました。

エミのアイコン画像エミ

きっかけはキャンプ。

焼くだけで食材は美味しくなる!
焼くって役割をフライパンだけでなくトースターに任せられたら、火加減の調節いらずでラクかも!
と思ったのがきっかけ。

手羽中とか手羽先とかは我が家はトースターで焼いています。
ただ焼いて塩コショウをまぶすだけで絶品料理になります!

実はさつまいもも、焼き芋にするときはオーブンとーすたの方がおすすめ!
アルミホイル等まかずに、皮のまま、汚れだけ水でさらっと流して簡単に水気を切って40分程トースターへ。

スーパーで売っているような最高の焼き芋になりますよ!

三種の神器で自炊のハードルを下げて食卓に彩りを

何度も言いますが私は料理が苦手。
(とはいえ昔よりは克服できていると思う。)

エミのアイコン画像エミ

けど炊飯器・電子レンジ・オーブントースターをより効率的に利用することで、私の料理ネタは増えました。

惣菜を買うこともほとんどなくなったし、外食しないでそれなり(我が家なり)に満足度の高い食卓にすることが出来るようになりました。

子供が乳児の時はそれどころじゃないけれど、大人と同じような食事をとるようになってきたら、
この三種の神器を上手く活用したら食費も結構抑えられただろうし、料理のネタに困らずに済んだよなと思います。

今一度、炊飯器・電子レンジ・オーブントースターの便利さを再認識するだけで暮らしがガラっと変わりますよ!
ネットで検索するとかなりレシピもあるのでそれを検索してみるのもおすすめです!

\当ブログのテーマはSWELLを利用しています/

\ミニマリストの愛用品はこちら/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転勤族の夫と、やんちゃな二歳差兄弟の子を持つ転勤妻です。
東京への転勤を機に、2016年3月にミニマリストになろうと一大決心!!

モノを減らしたら暮らしがものすごく楽になったので、
ズボラでも簡単にできるミニマルライフをブログで発信しています。

コメント

コメントを残す

目次
閉じる