ミニマリストな転勤妻

ズボラな専業主婦がたどり着いたミニマルでマキシマムな暮らし。

【一日一捨て効果】キッチンのスッキリ、完了しました!!

      2019/06/11

今年の目標の一つに、一日一捨てがあります。

この一年間で365個手放すというものです。

この一日一捨ての威力は地味なんだけど結構半端じゃなくて。

今回は一日一捨てのお陰でようやく私の思う物量になったキッチンの吊り戸棚の中身をご紹介したいと思います!!

【スポンサードリンク】

地味だけど威力抜群の『一日一捨て』

4歳と2歳の子を持つ専業主婦の私には、何かをするためにまとまった時間を作るのは至難の技です。

だからモノを手放すにしても、ほんとコツコツ地道にやって行くしかない。

けど地道でコツコツだからこそ、判断に間違いがないんです。

あ〜あれ捨てなきゃ良かったとかないです。

【関連記事】

その時のノリでなんとなくこれ!!と思って手放すわけではないので。

判断に間違いがないからこそ、リバウンドもしにくいんです。

今回手放したのはこの二つ。

揚げ物用の鍋と、プレゼントで頂いたマグ。

揚げ物はフライパンでも代用できる程度のモノ(唐揚げとかコロッケ)しか作りません。

天ぷらは絶対お店の方がサクサクして美味しいだろうし。

この家に来て一度も使ったことないので、主人に相談の上(主人のモノなので)手放すことに。

頂いたマグも、使わないんです。

おしゃれなんだけどいかんせん使う機会もなく。

水筒に麦茶が、最悪子供達ともシェアできるしで都合がいい。

というわけでて手放すことにしました。

ようやく理想にたどり着いた吊り戸棚

(主人が使ってないのにとっておいてくれとい食器まだいくつかあるけど)
これが今の私にとっての適量。

ぎゅうぎゅうに詰め込まずに、収納にゆとりをもたせる。

そうすることで取り出す時も楽だし、しまう時ももちろん楽!!

本当に必要なものだけを残して他を手放したので、今がベストな吊り戸棚の状態です。

おわりに

一日一捨ての効果で、ようやく理想に辿り着いたキッチンの吊り戸棚のご紹介でした。

キッチンは毎日目にする場所なのでここがゴチャついているととてもストレスです。

こうしてスッキリしたおかげで料理するハードルも下がったし、料理への苦手意識も低くなりました。

こんな感じで家中を隈なく、コツコツ地道に一日一捨てを敢行していきたいと思います!!

◆断捨離を始める前に見ておくとやる気みなぎるテーマはらこちら(にほんブログ村)
少ないモノで暮らす

素敵な大人のシンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

整理整頓・お片づけ

家づくりを楽しもう!

◆ゴールデンウィークはみんなで断捨離祭りだ!
参考になる記事はこちら!(にほんブログ村)
ランキングに参加しています!更新の励みになりますので応援のクリックお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

管理人、エミについての情報はこちら。

スポンサードリンク

 - ミニマリスト