➡この夏買うべき夏服アイテム5選(2024年)

帝王切開で息子を産んだ私。鴻鳥先生の言葉は今でも私を支えてくれている。

※本サイトのコンテンツには、プロモーションが含まれている場合があります。



帝王切開での出産って、どこか肩身が狭いです。
自然分娩が当たり前の中、出産時の大変だったエピソードに入りにくいからです。

帝王切開の場合は、何時間も頑張ってようやく会えたとかじゃない。
お医者さんにお腹を切ってもらって、赤ちゃんを取り出してもらうのです。

これだけ聞いたら、帝王切開ってラクそうじゃん!って思うかもしれないけれど、
実はそうではないです。

目次

帝王切開で出産します

前にもどこかで書いたかもしれませんが、私は息子を出産した時に帝王切開で出産しました。
長男が逆子になって、それが最後の最後まで元に戻らなかったから。

正直、普通分娩を経験したいという思いはありましたが、どうしようもないことです。

息子が無事に生まれてきてくれるならそれでいい。
だからそこまであまり深く考えていませんでした。

産後2日目の衝撃の一言

『帝王切開って楽でいいですよね』

長男を産んでから、確か二日目くらいから母子同室になり始めてミルクを作るようになりました。(ミルクを作るのは共同の給湯室で)

ミルクを作るときによく一緒になった、ちょいとヤンキー風の女性がいたんです。

その方は普通分娩で出産したそうですが、傷口が相当痛むそうで私とすれ違うたびに『イタタタタ。。。』と。

そしてある時、言われたんです。
『股、痛くないですか?』と。

私は帝王切開だったので、お腹が痛いです。と伝えたら言われたんです。

『帝王切開って楽でいいですよね。』

その時はびっくりしてどんな返しをしたのか覚えていませんが、後々悲しい気持ちになりました。

帝王切開だって別に楽ではないです

たしかに何時間も苦しまず、1時間程度の手術で出産を終えてしまうんですから考えようによっては楽なのかもしれないです。

けど骨折もしたことない私が、人生初めての手術に何も思わなかったと思いますか?

手術台に上がるまでは子供に会える楽しみでいっぱいでした。

けどいざ麻酔を背中に打たれて先生が、『では、始めます』といった瞬間、心拍が一気に上昇。
看護師さんたちになだめられて、自分を落ち着かせようにも全く私の心拍は下がらず。。。

しまいにはこれじゃ手術できないってことで、目隠しまでされる始末。。。

覚悟が出来ていないと言われたらそれまでですが、手術なんてしたことない私はどんな覚悟をしていいかわかりませんでした。

息子が無事産まれて、涙して、喜んだのもつかの間。

それからは人生で、一番イテー!!ってくらいずっと傷口は痛むし、動けない。
後陣痛とやらも襲ってきて、なんかお腹の中もずっと痛い。

産まれたての息子に早く会いたくても私は動けないから会うことも触ることもできない。
旦那に撮ってもらった写真を見て、早く会いたい、早く顔をしっかり見たいと歯がゆかったです。

そう言う色んな過程があって、『帝王切開って楽でいいですよね~』って言葉は私にはショックだったのです。

ドラマ『コウノドリ』のこうのとり先生に助けられた

以前放送されていたドラマ『コウノトリ』。

Writer:山本むつみ, Writer:坪田文, 監督:土井裕泰, 監督:金子文紀, 監督:加藤尚樹, プロデュース:那須田淳(企画), プロデュース:鈴木早苗(企画), プロデュース:峠田浩, Guest Actor:綾野剛, Guest Actor:松岡茉優, Guest Actor:吉田羊, Guest Actor:坂口健太郎, Guest Actor:清野菜名, Guest Actor:平山祐介, Guest Actor:豊本明長(東京03), Guest Actor:清塚信也, Guest Actor:橋本一郎, Guest Actor:白石糸, Guest Actor:小林きな子, Guest Actor:浅野和之, Guest Actor:綾戸智恵, Guest Actor:小栗旬, Guest Actor:江口のりこ, Guest Actor:山口紗弥加, Guest Actor:星野源, Guest Actor:大森南朋
¥330 (2024/02/17 05:44時点 | Amazon調べ)

私はその中で綾野剛さん演じる、鴻鳥先生の言葉にとても助けられました。

その回は助産院で普通分娩で産みたいと強いこだわりをもつ妊婦さんが、帝王切開で出産するという話。
帝王切開はお産じゃないとまで言っていた妊婦さんが、お産が進まず帝王切開で出産したんです。

その時に鴻鳥先生が言った言葉。

『自分のけがや病気を治すためでもなく、赤ちゃんの命を守るためだけに命をかけて自分から手術台の上に上るんです。帝王切開は立派なお産です。』

私はこの言葉に号泣しました。

『楽でいいですよね』と言われてから、色んな思いがありました。

けどその思いが吹き飛ぶくらい、スッキリしたのを覚えています。

おわりに

私だって好きで帝王切開にしたわけではありません。
息子が無事に産まれるためにはそれしかなかったわけです。

それを「楽して産んでいいですね」みたいに(曲解してます)いわれると、悲しいし、なんか悔しかったです。

もちろん私は普通分娩を経験していないし、どれだけ大変かは身を持ってわかりません。
想像を絶する大変さだと思います。

ただ、帝王切開だからと言って楽でもないということをお伝えしたくてこの記事を書きました。

妊娠・出産時のことは嬉しいことも嫌なことも一生覚えているといいます。

たぶん私もあのヤンキーの言葉は死ぬまで覚えていると思う(笑)

ブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチっ!

よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

転勤妻の方!これから転勤妻になりそうな方も!不安や悩みはこちらで共有しましょう!

\服好きミニマリスト主婦の楽天ROOMはこちら!

実際使っているモノや本気でほしいモノたちだけをまとめています!

プロフィール

小3・小1男児・0歳女児の3児の母。
転勤による引っ越しを機にミニマリストに覚醒。
少数精鋭のモノを活かして暮らしをラクに身軽にするコツを発信中。

ミニマリストな転勤妻 - にほんブログ村

\当ブログのテーマはSWELLを利用しています/

\ミニマリスト主婦の愛用品(ブログ内にてご紹介しています)/

\おすすめプチプラショップ/

\青パパイヤ酵素がキャンペーン中!/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

転勤族の夫と、やんちゃな二歳差兄弟の子を持つ転勤妻です。
東京への転勤を機に、2016年3月にミニマリストになろうと一大決心!!

モノを減らしたら暮らしがものすごく楽になったので、
ズボラでも簡単にできるミニマルライフをブログで発信しています。

noteではブログとは違った私のエッセイ集&身バレしたらヤバイ義両親との記録について書いています。

目次
閉じる