ミニマリストな転勤妻

もっともっとシンプルに

【断捨離】ようやくケリをつけられた思い出の品。

      2018/12/11

今年の目標の1つ、

「一年で365個断捨離」に向けて絶賛断捨離強化中です。

今回はずっと手放そうと思っていたけどなかなか手放せなかったある思い出の品を断捨離したので、ご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

母からもらった上着

これ、私が結婚して主人の転勤先に引っ越すときに持って行きなさいと母からもらいました。

当時の主人の転勤先は、雪が降るところだったので実家の千葉に比べたら断然寒い。

だから風邪を引かないようにって私に持たせたんだと思います。

温かい!けど置き場に困ってしまった

確かに恐ろしいくらい温かい。

けど割と大きいし畳んでも嵩があるしで、置き場所・収納場所に困っていました。

それでも母が持たせてくれたものだし、温かいしで使っていたのですが、

子供が生まれてからは室内の温度もエアコンで調節するようになったし、東京に引っ越してからは冬に寒い思いもそこまでしなくなりました。

そんなこんなで2年以上着なくなり、今年の衣替えでそろそろ断捨離しようかなと思い始めたのです。

思い出のモノにはとことん向き合う

割と容赦無くバンバン断捨離している私ですが、思い出のあるモノ・想いの詰まったモノの断捨離には時間をかけます。

断捨離って誰かに強制されてやっているわけではなくて、ただ私が楽になりたい(管理を楽にしたい)からしているわけで、使ってないからって絶対断捨離しなきゃいけないわけではありません。

断捨離するかどうかは私個人の問題なんですよね。

だから私的に思い出や想いの詰まったモノは、自分が納得するまでとことん向き合います。

後悔したくないですからね。

今回のこの上着も2年間悩んで断捨離を保留にしてきました。

子供のモノも増えてきたし、収納ケースの半分近くを支配しているこの上着を手放したら、収納力スペースも増えるしいろんな意味で楽になるなと判断して断捨離することにしたんです。

おわりに

私が最近手放した、思い出のモノの断捨離のご紹介でした!

今回は2年近く熟考して断捨離したので、思い出のモノでしたが断捨離しても後悔はありません。

モノもめちゃめちゃ想いの詰まったモノもあれば、そうでもないモノもあるし断捨離の仕方は様々だなと今回改めて思いました。

「思い出や想いの詰まったモノだけは、急いで断捨離しなくていい」

私の場合はそう決めてあげたことで断捨離が気楽に進められるようになりました。

ご参考までに(^^)

◆新年に向けて断捨離祭り開催中です!断捨離のやる気をくれるテーマはこちら!
(にほんブログ村)
少ないモノで暮らす

素敵な大人のシンプルライフ

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

整理整頓・お片づけ

家づくりを楽しもう!

ランキングに参加しています!更新の励みになりますので応援のクリックお願いします!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

◆エキサイトさんが運営する、ブログメディア『もの、ごと』。リアルに役立つ暮らしのノウハウがたくさん!!毎日の暮らしに役立つヒントが見つかりますよ!

管理人、エミについての情報はこちら。

スポンサードリンク

 - ミニマリスト, 断捨離 , , ,